化粧品ってどんな種類があるの?

様々な化粧品の違い

クレンジングと洗顔を上手にできるようなると、次に気になるのが化粧水や美容液、乳液やクリームといった化粧品の数々ですが、そもそもそれぞれがどのように違うのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そのような場合オールインワンの化粧品を求める方が多いかもしれません。

化粧水は肌の角質の水分を補充するという目的に用いますが、水分を補充したからといってそれが自動的に保たれるわけではありません。水分は蒸発してしまうので、保湿するためにはさらに化粧品を用いることが必要になります。

化粧水で水分を肌に与えたあと、美容液で保湿をし、次に乳液の油分でそれらの水分や美容液の効果を閉じ込めてくれます。乳液とクリームの役割は似ているのですが、水分と油分のバランスが違ってきますので、ここでもやはり自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切になってきます。

一つ一つを膨大な商品の中から選んでいくのはなかなか大変なので、最初に自分の肌質をきちんと理解して、その肌質に合ったある程度のラインナップを紹介してもらって試していくという方法も効率が良いでしょう。いずれにしても化粧品や肌の専門家の意見を取り入れて上手な肌ケアを目指しましょう。